西表島ネイチャーガイド

6月・7月の「旬」な瞬間。カクレクマノミ

西表島に咲く自生蘭、ナリヤラン西表島の6月・7月 旬な瞬間

「星砂海岸・夏のカクレクマノミ達」


西表島に夏が訪れています。
連日、30℃を越し、夜も25℃以上の熱帯夜。

強い陽射しにより、西表島の海や山は、より色濃く鮮やかに映り、真夏の西表島らしい景色が広がっています。

水の中で遊ぶのが、とても気持良く一番楽しめる季節です。

夏に入り、強い陽射しが水の中も明るく照らし、シュノーケルをすると色とりどりのたくさんの魚達を見る事ができます。

LBカヤックでは、星砂海岸にいるカクレクマノミ達の
観察を続けています。

この冬には、見られなかったとても小さなカクレクマノミ達が新しいイソギンチャクを住処にしているのが、ここ1週間〜2週間程で見られるようになってきました。

小さいクマノミだと、5ミリ程度の大きさしかありません。

本当に小さいので、ツアーでそのクマノミを見た方達は、「本当のニモだっ!!」と声を揃えるくらい他のクマノミ達よりも小さいです。

この夏は、この小さなクマノミ達の成長を見守っていきたいと思います。

そしてクマノミ達の「すみ家」であるふわふわとしているイソギンチャク。
実は、このイソギンチャクには、刺胞と呼ばれる毒があります。小さな魚であれば殺す事も出来てしまうような毒です。

しかし、クマノミ達を見ていると、このイソギンチャクの中をスルスルと移動しているのですが、周りにいる小さな魚達はというと、イソギンチャクには近づく事ができません。

なぜ、クマノミ達にはイソギンチャクの刺胞に刺さらないで生活ができるのでしょうか?

実はクマノミ達の身体には、イソギンチャクに付いている粘性を小さい時に自分の身体にまとわりつかせて慣らしているので、イソギンチャクが外敵だと思わず、刺胞が刺さらないようになっているそうです。

クマノミ達は、自分達の身を守る為にイソギンチャクを「すみ家」として利用しているのですね。

夏の強い陽射しで、海の中の生き物達が綺麗に見えるこの季節。

西表島・星砂海岸の海の中では、カクレクマノミ達が今日も元気に泳いでいます。

2011.6.24 ガイド 猿田 誠

こちらをじっと見ているクマノミ 小さいクマノミと大きいクマノミ シュノーケルでクマノミを見る
 気持ち良さそうに泳ぐカクレクマノミ  イソギンチャクの中からそっと覗いているクマノミ達 青いさかな、ルリスズメダイと泳ぐクマノミ 
写真をクリックして大きな画像でお楽しみください!

※星砂海岸クマノミ日記もお楽しみ下さい。
西表島星砂海岸のクマノミ日記


※西表島でクマノミ達をご覧になりたい方は、『ピナイサーラ滝つぼ&星砂コース』がオススメです。

L.B.KayakStationホームへ
西表島の自然を楽しめるエコツアー体験、
LBカヤックのカヌー&トレッキングツアー


自然体験ツアーのご案内

自然体験ツアーメニューのご案内

西表島の旬な自然情報

前回の記事

6月の「旬」パイナップル


西表島の旬な瞬間

・バックナンバー一覧


イリオモテジマ通信2011

最新号



西表島の旬をお伝えするコンテンツ

西表島フィールドニュース
・西表島フィールドニュース

西表島から見る鳩間島・海の表情
・西表島の海の表情(旧鳩間島)

西表島の季節の楽しむ風物詩

サガリバナ通信


西表島星砂海岸のクマノミ日記

西表島ホタル観察記

西表島さくら通信


      info@lbks.jpご意見ご感想をお待ちしております。
西表島へのアクセス 会社案内 info@lbks.jp
2010夏・真っ赤に熟れたアダンの実LBカヤックのすべてのホームページは、素材などは購入することもありますが、
LBスタッフが全員で手作りで更新しています。

日々より良い情報を皆さまにお伝えできるように改善を心がけていますので、
ご意見やご感想は、お気軽にご連絡下さい。

エル・ビー・カヤックステーションのホームページに使われている、
写真及び文章等の無断使用及び転用を禁止いたします。

(C)Copy Right L.B.KAYAK STATION 2010 All Rights Reserved.